血行を良くするサプリメント※人気ランキング

MENU

血液の流れのことを血行といい、身体中の細胞が正しくはたらくために必要な栄養素を運搬するという、非常に大切な役割を担っています。

 

健康な身体を維持しようと考えたときに、血行は外して考えることのできない要素といえます。

 

血液検査などで血液を調べることで、身体のコンディションはほとんどわかるといわれています。

 

健康のバロメーターとしても有効な血液の流れを気にして、生活習慣や食事のバランスに気をつけているという人も増えてきています。

 

健康ブームなどが盛り上がり、一般的にも健康に気を遣う人は増えてきましたが、その一方で、血液を滞らせてしまうような原因も現代社会にはたくさんあります。

 

古来より続いてきた日本食から欧米型の食事をする人が増加したことで、高血圧や脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病が問題視されています。

 

生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれ、自覚症状がないまま進行して命に関わる危険なものです。

 

これを防ぐためには、毎日の食事や生活習慣に気をつけることが一番大切です。

 

生活習慣病は、血液の流れを悪くする動脈硬化を引き起こします。

 

現代では当たり前のように食べられているファーストフードは、脂分や塩分がとても多い食事です。

 

脂分や塩分が多い食事ばかりしていると、コレステロールが増加して血液の流れを悪くしてしまいます。

 

食文化が欧米化したことで、こうしたファーストフードなどが日本にも根付きましたが、現在の欧米では、日本よりも先行して健康ブームが訪れたこともあり、食生活を見直そうとする動きが高まっています。

 

健康志向を持つ人が増えたことで、食品の脂分や塩分に関する規制も行われていて、現在の欧米食は健康を意識したものも多くあります。

 

血液が滞る原因は食生活だけではありません。

 

普通の食事をしていても毎日ほとんど運動しない人などは、血行不良を招くおそれがあります。

 

血管は手や指の先まで、体中のすみずみに張り巡らされていますが、心臓まで血液が巡るのは筋肉がポンプの役割を果たしているからです。

 

運動不足によってその筋力が衰えてしまうと、血液を押し出すためのポンプの力も弱くなってしまいます。

 

特に、脚など下半身の筋力低下は、心臓へ血液を押し流す機能が低下して血液の循環が滞ってしまうのです。

 

血液がスムーズに循環していないと、体中の老廃物の代謝がうまくいかなくなるため、血液がドロドロ状態になります。

 

ドロドロの血液はさらに血行を悪化させ、悪循環に陥ってしまいます。

 

座り仕事の人などは、一日中座っていると脚がむくんでしまうという経験がありませんか?

 

それは、脚の血行が悪くなって老廃物が溜まっている証拠です。

 

座りっぱなしの時でも、足首を回したりふくらはぎをマッサージするなどの予防策が大切です。

 

さらに、ストレスも血行不良の原因となります。

 

あらゆる病気の原因となるストレスですが、血液の流れに影響するのは自律神経のはたらきが関係しています。

 

血液の循環などの機能は、自分の意思とは関係なくはたらいていますよね。

 

こうした機能を制御する神経系を自律神経といいます。

 

過度のストレスによって自律神経が乱れると、筋肉の緊張状態が続いて血液が身体の隅々に行き渡らなくなってしまいます。

 

また、自律神経の乱れは、血液中の活性酸素を増加させてしまうので、活性酸素の持つ強い酸化力で血液がドロドロになってしまい血行不良になるのです。

 

血行不良の原因に気をつけて予防していくことが大切ですが、あまりに気を遣いすぎてもストレスが生じますし時間や手間もかかりますよね。

 

そこで、血行を良くするサプリメントを利用して、手軽に血液の健康を維持する方法もあります。

 

血行を良くするサプリメントには、有効成分がまとめて入っているため、飲むだけで血行不良の改善策になります。