血行を良くするサプリメント※人気ランキング

MENU

人間の身体の組成は70パーセントほどが水分であるとされています。

 

個人差はあるものの、成人で約3000mlから4000mlの血液が流れているのです。

 

この血液を全身に循環させているのが心臓で、一日で10万回という拍動を繰り返し、4リットルもの血液を体内に循環させています。

 

血液のはたらきは、酸素や栄養素を身体のさまざなま細胞まで届けることです。

 

酸素や栄養素を運ぶと共に、身体の中で発生する二酸化炭素や老廃物を回収して肝臓や腎臓に届けるという重要なはたらきもあります。

 

血液の流れである「血行」が滞ってしまうと、こうした体内の循環も滞ってしまうことになるのです。

 

この循環が滞ることで、いろいろな病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

血行が悪くなっても、はじめのうちは軽微な症状です。

 

肩こりや関節痛など、日常的な違和感や痛みから始まりますが、慢性的に血行不良が続いていくと、血管の状態に異変が生じ、どんどん悪化してしまいます。

 

血管の状態悪化によって引き起こされる動脈硬化や高血圧などの生活習慣病を引き起こしてしまうのです。

 

血行不良が引き起こす動脈硬化や高血圧は、心筋梗塞や脳梗塞などの恐ろしい病気を二次的に引き起こします。

 

心筋梗塞や脳梗塞になると、重篤な後遺症に悩まされることも少なくありませんし、命の危険にさらされることも多い病気です。

 

取り返しの付かないことになってから後悔しても遅いですから、こうした病気を発祥する前に、積極的に血行を良くするための努力をするのが大切ですね。

 

東洋医学の考え方では、血行不良は病気の一歩手前の状態だとされています。

 

この状態のうちに改善するための手を打っておけば、恐ろしい病気をわずらって大きな負担を強いられることもなくなります。

 

普段から血液検査をきちんと受けている人はどれくらいでしょうか?

 

血液検査では、血圧や血液成分などの血液の状態をしっかりチェックできるため、年に数回の血液検査は大切です。

 

しかし、血行は数値にして計ることができないので、日常活動を行いながら健康状態をチェックして自分の血行の状態を知っておくことが病気の予防へと繋がります。

 

具体的には、「肩や関節、腰の痛み」「冷え性」「肌荒れ」などが血行不良によって日常にあらわれる症状です。

 

血行が悪くなると、乳酸などの疲労物質が溜まりやすくなります。

 

これは、代謝が落ちてしまうためで、疲労物質の代謝が滞ると、筋肉が過剰に緊張したままになったり炎症を起こしたりします。

 

筋肉が緊張によって硬くなると、まわりの血管が圧迫されてさらに血液の流れが悪くなる悪循環に陥り、これが痛みとなってあらわれるのです。

 

頭を支える首や身体の軸となる腰といった、負荷がかかりやすい部位には特に疲労物質が溜まります。

 

冷え性も血行不良の影響です。

 

体温の調節は、血液の役割の一つです。

 

血液の流れが悪くなると、身体の隅々まで熱を運ぶ機能も下がってしまうので、心臓から遠くにある末端が特に冷えてしまいます。

 

そのため冷え性の人は手足に冷たさを感じるのです。

 

身体が冷えると手足の冷えだけではなく、頭痛や生理痛などのいろいろな不調を引き起こします。

 

また、血行不良は美容面にも影響を与えます。

 

血液の流れが滞ると肌のターンオーバーの乱れに繋がります。

 

ターンオーバーがうまくいかなくなると、肌が乾燥したり、くすみやシミなどの肌トラブルが生じてしまいます。

 

細胞に栄養を届ける血液の流れが悪くなるから、肌の細胞にも栄養が行き届かず血色が悪くなる原因にもなります。

 

血行不良によるさまざまな悪影響を防ぐためには、血行を良くするための栄養素を摂るのが一番です。

 

身体を温めるショウガやスパイスなどの食材に含まれる成分は血行を良くしてくれます。

 

しかし、こうした食材を毎日摂り続けるのは大変ですから、サプリメントなどで補給するのが手軽な方法です。