血行を良くするサプリメント※人気ランキング

MENU

血行不良は、身体のあらゆる箇所に不調をきたします。

 

血行不良による冷え性や各部のコリを体質だから仕方ないと放置していると、命に関わる重篤な事態に発展する可能性もあります。

 

健康寿命という言葉をご存じでしょうか?

 

日本は長寿大国として知られていますが、認知症などの問題も取り沙汰されており、健康な状態で日常生活が送れる期間のことを健康寿命といって、これを伸ばしていこうという考えが広まってきています。

 

健康な身体をキープするためにも、血行不良の予防や改善は大切なポイントなのです。

 

まずは、血行不良によって起こる症状を知っておきましょう。

 

血行不良とは、血液の流れが悪くなった状態をいいます。

 

血液は全身に酸素や栄養を運ぶはたらきがあるため、血行不良に陥ると酸素や栄養が全身に供給されなくなり、さまざまな影響が各所に見られるようになります。

 

具体的にはどのような不調があらわれるのでしょうか?

 

血行不良が招く症状で最も起こりやすいのが肩こりや腰痛です。

 

血液の流れが滞ると、酸素が上手く全身に行き渡らずに筋肉が酸欠の状態になります。

 

酸欠状態のまま筋肉に負担がかかると、疲労物質や老廃物が蓄積されてしまい、肩こりや腰痛といった症状が出てくるのです。

 

血行不良は冷え性も引き起こします。

 

人が体温を保つことができるのは、基礎代謝で温まった血液が全身を巡っているからです。

 

血行不良になり血液のめぐりが悪くなると、温まった血液が全身に行き渡る前に血液が冷えてしまうため、体温調節がうまくいかなくなり冷え性になってしまうのです。

 

また、肌トラブルも血液のめぐりが大きく影響しています。

 

血行不良を起こすと、肌細胞にとって大切な酸素や栄養も十分に行き届かなくなります。

 

老廃物の排出が滞るため、表皮の新陳代謝であるターンオーバーの周期が遅れて肌荒れを引き起こす原因となります。

 

さらに、血行不良によって脳梗塞や心筋梗塞といった、命に関わる重篤な結果をもたらす病気につながる場合もあるので十分な注意が必要となります。

 

血液の流れが悪化すると、血管内にいろいろな物質が沈着しやすくなり、血管自体が狭くなってしまいます。

 

すると、血管が詰まりやすくなるため、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険性が高くなるのです。

 

このように血行不良は人体に関わるさまざまな影響を及ぼしますが、血行不良になる原因は何でしょうか?

 

血液の流れが悪くなる原因の多くは、日常的な生活習慣にあります。

 

日常的な運動不足は血行不良の原因となります。

 

血液は、筋肉を動かすことで毛細血管のすみずみまで循環することができますが、運動不足によって筋肉量が低下すると、血液のめぐりが悪くなります。

 

また、食生活も血行不良に影響を及ぼします。

 

忙しさなどの理由による食生活の乱れで、外食やインスタント食品など、緑黄色野菜・魚・豆類が不足しがちになると、筋肉活動や健康な血液を維持するのに必要な栄養素が足りなくなって、血行不良に陥ることがあるのです。

 

さらに、ストレスによっても血行不良が引き起こされます。

 

血液の循環調整を扱う自律神経は、ストレスによって乱れてしまうため、血液循環がうまく機能しなくなってしまいます。

 

血管を収縮させるホルモンは、ストレスよって大量に分泌されるため血管が狭くなります。

 

狭くなった血管は血液が流れにくいため、血行不良を引き起こすのです。

 

こうした血行不良の影響から体を守るためには、血管と血液を健康に保つことが大切です。

 

手軽に不足分の栄養を摂れるサプリメントは、健康を気遣う人たちに人気です。

 

血行不良を防いだり改善するためにも、血行を良くするサプリメントで足りない栄養を補うといいでしょう。