血行を良くするサプリメント※人気ランキング

MENU

血液の流れが悪くなり体のすみずみまで血液が十分に行き渡内状態を血行不良といいます。

 

血行不良は、冷え性や肩こり、腰痛、頭痛といったさまざまな症状を引き起こす原因となります。

 

体内における老廃物の代謝も下げるため、美容面でもシミやくすみ、乾燥など肌への影響もあるので、血行不良を改善したり予防することは、アンチエイジングケアにもなります。

 

そんな血行不良を改善して、いつまでも健康な体でいるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずは、血行改善に効果的な食事を心がけます。

 

血管の壁が硬くなったり狭くなったりすると、血液の流れが滞ってしまいます。

 

血流が悪くなるのは、普段の食事で脂分の多いものばかり食べていたり、塩分を摂取しすぎると、高脂血症や高血圧の減となり、その結果血管がむしばまれてしまいます。

 

動脈などの太い血管で血液が流れにくくなると、体の末端まで伸びている毛細血管まで血液が行き届かなくなってしまうのです。

 

こうした状態に陥らないためには、必要な栄養を十分に摂る必要があります。

 

毛細血管の機能を正常に保つビタミンCや、血行促進作用のあるビタミンEは、根菜類で摂取することができます。

 

根菜類は、ごぼうやかぼちゃ、ニンジン、大根などがありビタミンが豊富に含まれていますが、生だとビタミンを吸収しにくいため温野菜にして食べるのが適しています。

 

その他、ニンニクやショウガなどのスパイスの類は、体を温めてくれるので血管を開いて血行を良くしてくれる効果があります。

 

糖分を摂りすぎると血流が悪化するため、過剰に摂取しないように心がけましょう。

 

しかし、甘いものを極端に制限するとストレスのもとになったりして逆効果になる場合もあるので、無理は禁物です。

 

血行改善のための栄養が摂れる食事を毎食考えるのは大変だという人は、サプリメントなどを上手に利用して、無理なく栄養摂取ができるようにしましょう。

 

健康に悪影響を及ぼす冷え性を改善するサプリメントなどは、血行を良くして体を温める効果のある成分を配合しているものが多いので最適です。

 

食事から血行改善のための栄養を摂ろうと考えるなら、夜の食事時間も重要です。

 

夜眠っている間に分泌される成長ホルモンは、お肌を修復したり回復してくれるため、「若返りホルモン」とも呼ばれています。

 

そして、この成長ホルモンには、脂肪を分解するはたらきがあるため、血液の循環を阻害する脂分を抑えるためにも大切なのです。

 

寝る前に食事をとると、成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうため、余計な脂肪分を分解できずに蓄積されてしまい、血液の循環が悪くなってしまうのです。

 

ですから、夜の食事は寝る3時間ほど前までにはすませておくのが理想的です。

 

ゆったり楽しんで食べることも、栄養を身体に取り込むためには大切なことですから、余裕をもって食事をするように心がけておきましょう。

 

食事の他にも日常で気を付ける部分があります。

 

血行不良で最も起こりやすい肩こりや腰痛は、長時間にわたって同じ姿勢をとったり、常態的に姿勢が悪かったりすると、肩や腰など負荷のかかりやすい部分の筋肉が緊張してしまうからです。

 

緊張状態の筋肉は血管を圧迫するため、その部分の血流が阻害されます。

 

血液は酸素を運搬するはたらきがあるので、血流が悪化すると筋肉に酸素が送られずに疲労物質が溜まり痛みが発生すてしまうのです。

 

仕事がデスクワークの人など、長時間同じ姿勢でいることが日常的な人は、なるべく頻繁にストレッチをするなどの対策をとり、筋肉の硬直を防ぐことが大切です。

 

背筋や腕を伸ばしたり、腰を回転させるなどの簡単なストレッチでも基礎代謝を上げることができるので、血行改善には効果的です。