下半身 血行を良くする

MENU

下半身がピンチ!血行を良くする方法3選

日々、健康には気を遣っておられるでしょうか。健康についてはさまざまなことに気を付けなければなりませんが、中でも一番気を付けるべきは、血液の流れについてでしょう。血のめぐりが悪いと、カラダ全体、特に下半身に対してよくない影響を及ぼしてしまいます

 

 

 

今回お伝えしたいのは、血行不良による下半身への影響。そして、それを防ぐためのさまざまな対策についてのお話。今後の健康のために、是非読んでいただきたいです。

 

 

 

血行が悪いと下半身はどうなる?

血行不良は、なにもごく一部の方々に限った症状ではありません。運動不足とストレスに悩まされがちな現代日本の社会人の多くが抱えている問題なのです。決して放っておける問題ではありません。

 

 

 

もし、そのまま何もせず放っておいたらどうなるのでしょうか。解説致しましょう。

 

 

 

疲れやすくなる

 

血行不良というのは、血が身体を十分に循環しないということ。すなわち一日の間に歩き回ったり仕事をしたりなどして蓄積した疲労などがリフレッシュされにくくなるということ。そして更に細胞の入れ替えも悪くなるので、効率のよいエネルギーが出せなくなってしまいます。

 

 

 

古くなった自動車のごとく運動効率は低下し、今まで大して疲れなかったような距離でも疲れてしまうといったことが頻繁に起こるようになってしまうでしょう。そうなってしまったら、身体だけでなく気分も落ち込んでしまいますよね。

 

 

 

冷え性になる

 

女性にとって厄介なのが、冷え性になりやすくなるということ。冷え性というのは、身体の体温調節機能が低下することによって生じるようになります。筋肉の量が少ない女性は血行不良によって冷え性を患いやすいのです。

 

 

 

冷え性になると、常に足が何かに冷やされているような感触を覚えるので、非常につらいです。人によっては寝不足に陥るほどだとされています。

 

 

 

むくんですごく痛い

 

血行不良になると、各種内臓器官にも悪い影響を与えます。これらが適切に働いてない状態では、顔や手足にむくみが生じるようになるのです。ひどいときには腫れぼったくなり、痛みすら感じるようになります。

 

 

 

また、見た目的にも非常にマイナスです。頬やふくらはぎがふくらんでいると、まるで太っているように見られかねません。特に女性にとって、これはかなり痛いですよね。

 

 

 

 

 

下半身の血行をよくする方法その1:ウォーキング

血行不良は下半身をはじめ体のあちらこちらに悪い影響を与えてしまいます。そうならないよう、対策をしなければなりません。まず考え得るもっともポピュラーな方法は、ウォーキングです。毎日歩く習慣をつけることによって身体を動かし、血の流れをよくすることができます

 

 

 

この項目ではそんなウォーキングによる改善方法に関して、効果を上げるためのさまざまなポイントをご紹介します。

 

 

 

歩き方のコツ

 

ウォーキングを行う上でもっとも大事なのは、その歩き方についてです。歩き方ひとつ変えることで、その期待できる効果は変化していきます。

 

 

 

ひとつは、背筋をピンを立てながら歩くこと。猫背で歩いていては、正しいウォーキングとは言えません。

 

 

 

ふたつめは、腕をしっかり振ること。周囲から変に思われるほど大振りする必要はありませんが、しっかりフォームをとった方が身体を効率よく動作させることができます。

 

 

 

注意点

 

ウォーキングを行う上での注意点は、間食を摂らないこと。歩いているとどうしても喉が渇いてきますが、自販機からジュースを購入して飲むというのはおすすめできません。自販機の飲み物には砂糖や人工甘味料がふんだんに含まれており、ウォーキングの効果を阻害してしまうからです。自宅で水筒に入れた水かお茶を用意し、それを飲むようにしましょう。

 

 

 

食べ物についても同様です。コンビニでお菓子を買って食べるなどもってのほか。血行を自分から悪くしているのと同じことです。

 

 

 

下半身の血行をよくする方法その2:マッサージ

血行改善の方法としては、マッサージも有効です。身体の各部をもみほぐすことによって身体を温め、血の流れをスムーズにします。エステサロンなどで受けることも可能ですが、自宅で行った方がコストはかかりません。家でもできる簡単なマッサージに関するあれこれ、説明致します。

 

 

 

マッサージの手順

 

まずは両手で足首をしっかりと抱え込むように持ちます。その後、ぐっと力を入れながら足首から膝に向かって両手を持ち上げていってください。ちょうど、足の中にたまった血液を、ポンプのように上に押し上げていく感じです。

 

 

 

これを毎日お風呂上りなどに10回、3セットほど行いましょう。継続することが大事ですよ。

 

 

 

利用しておきたいアイテム

 

マッサージのお供として、たくさんのアイテムがドラッグストアなどで販売されています。いずれも効果アップのためには有効なので、是非とも活用しましょう。

 

 

 

オススメはマッサージローラー。これを足首やふともも、ふくらはぎの上で転がすことによって、お手軽にマッサージ効果を得ることができます。風呂上りの際に行うと、特に効き目アップです。

 

 

 

とはいえ、マッサージグッズは非常に多くの種類が存在しているので、自分に合ったものをいろいろ探してみるとよいでしょう。

 

 

 

下半身の血行をよくする方法その3:サプリメント

血行改善のお供として最近人気なのが、サプリメントです。サイズが小さいので携帯しやすく、飲むだけなので利用も簡単。人気が出ないはずはありませんね。でも、サプリメントだからといって、なんでもよいわけではありません。下半身の血行改善に効果が期待できる成分が含まれたものを使わなければ、あまり意味はないでしょう。

 

 

 

おすすめの成分

 

下半身の血行改善を目標とするなら、しょうがのサプリメントなどはいかがでしょうか。しょうがというのは身体の免疫力をアップさせる他に、下半身含む身体全体を温めてくれる働きがあります。実際のしょうがと違って味もしないので、苦手な方にもオススメです。

 

 

 

他にはDHA、EPAという成分も人気があります。これらには血液を悪化させ、動脈硬化などを発生させる元凶である悪玉コレステロールを撃退してくれるのです。しょうがよりも更に強い効果を期待している方にはうってつけかもしれませんね。

 

 

 

また、マカについても触れておかねばなりません。南米由来のこの植物は、古代インカ帝国においても愛用されていた歴史があります。もちろん血行に対しても高い効果が期待できますので、是非お試しあれ。

 

 

 

サプリ使用時の注意点

 

いくらサプリが便利とはいえ、正しい使い方というものがしっかり存在しています。これを間違えてしまうとお金のムダになってしまうので、気を付けましょう。

 

 

 

まず、サプリは飲み方をしっかり守らなければなりません。多くは毎食後に摂取するものが多いですが、稀に例外があります。また、飲む際には水かお湯でなければなりません。たまにお酒やジュースで薬を飲む人もいるようですが、これは効果がないばかりか、サプリの成分によっては身体に負担を与えてしまうことすらあります。

 

 

 

また、サプリには一回ごとの適量があります。いくら高い効果を得たいからといってたくさん飲んでも、量に比例した効果を得られるわけではありません。それどころか、腹痛や頭痛などの思わぬ副作用を発生させる危険すらあります。

 

 

 

正しい血行改善効果を得たければ、使い方は必ず守るようにしましょうね。

 

 

 

 

 

まとめ〜下半身の血行に気を付ければカラダが変わる!〜

 

 

以上、下半身の血行改善に関するさまざまなお得情報をお届けしました。

 

 

 

下半身は人間にとって大事な部分のひとつ。血行不良で疲れやすくなる程度であれば構いませんが、効果が進むと痛みを感じ、立てなくなってしまう恐れすらあります

 

 

 

自分の身体を第一に。健康なときはなかなか気づけないものですが、いざ不健康になってしまってからでは遅いのです。自分の下半身は、自分でしっかり気遣いましょう