血行を良くする 運動

MENU

血行を良くするためにやるべき3つの運動とは?

医療機関に勤めておられる医師の方々によれば、現代の社会人は血行がよくない方が多数いらっしゃるようです。決して悪くしようと思ってはいないのですが、ちょっとした生活リズムの乱れによって、血の流れは簡単に悪くなってしまいます

 

 

 

それを改善するためにもっともよい方法といえば、やはり運動が考えられるでしょう。この記事では、血行を良くするために行いたい、さまざまな運動法についてご紹介。更に、血行改善に関するさまざまなお得情報も解説していきます。

 

 

【症状チェック】こんなあなたは血行不良

一口に血行不良といっても、なかなか自分では分からないもの。「他人はそうかもしれないけど、自分は大丈夫!」と思っている方も少なくないかもしれません。

 

 

 

ここはひとつ、血行不良の方が陥りやすい初期症状をご紹介するので、ご自身がこれらに該当しているかチェックをしていただきましょう。これらの症状を放っておくと、心筋梗塞や脳梗塞など、命に関わる重病につながりかねませんよ

 

 

疲れやすい

血行不良がどういうものか簡単に説明するなら「血が正常に流れない」状態です。車や産業機械がガソリンを供給されることによって正常に稼働するのと同じように、人間も血が身体全体をめぐることによって、さまざまな動作を行うことができます。

 

 

 

これがうまく流れていない状態というのは、車でいうならガソリンが安定供給されていないということ。ひとつひとつの動作に通常よりも余計なパワーを必要とするようになり、すぐに疲労がたまってしまいます。そうなると常にけだるさを感じるようになり、取り組むべきものごとに対してしっかり向き合えなくなるでしょう。

 

 

手足のしびれ

血が車でいうガソリンのようなものだとは先ほども申しましたが、そのガソリンが切れてしまうとどうなるでしょう。しっかり動いてくれませんね。フライス盤などの工業機械も、油をささなければ騒音を立てるだけで役にたちません。

 

 

 

血のめぐりが立ち行かなくなれば、人間もちゃんと動けなくなります。手足には痺れが生じるようになり、歩いたりご飯を食べたりすることが苦痛になってしまうことすらあるのです。このような場合、かなり症状が悪化している可能性があるので、ピンときた方は要注意! ある日突然倒れてしまうといったことが発生してしまうかもしれませんよ。

 

 

便秘

「血行不良と便秘って関係あるの?」と思われるかもしれませんが、実は密接なつながりを持っています。血の流れが悪くなると、手足だけでなく内臓等あらゆる器官が不調になってしまいます。排泄という重要な役目を担う腸も、また例外ではありません。

 

 

 

そして便秘は、更なる血行の悪化を招いてしまいます。溜まってしまった便が血液を汚し、身体に悪影響を与えるのです。

 

 

 

また、長く続く便秘は、それだけでストレスの原因となってしまいます。仕事や家事に対しても、よくない影響が出てしまうでしょう。

 

 

【運動不足も?】血行不良の原因は何?

前項にあてはまるような症状は体験されているでしょうか? もしそうなら、今日からでも対策をはじめられた方がよいでしょう。

 

 

 

そのためにはまず、原因を把握すること。血行不良の原因は人によってさまざまなので、この項目での情報をもとに、あなたの生活を振り返ってみてください。

 

 

運動不足

血行不良の原因としてまず一番に考えられるのは、あなた自身の運動不足です。仕事に家事に忙しい現代人にとっては、なかなか運動をする機会を設けることができません。それがずっと続いてしまうと、動かさない機械のごとくさびついてしまうのです。

 

 

 

対策としては、毎日の運動を習慣づけて、血のめぐりを活性化させましょう。次の項目でおすすめの運動法をご紹介いたしますので、是非お読みください。

 

 

偏った食生活

運動だけでなく、食事も血行不良の原因となり得ます。肉類ばかり食べていると血がドロドロになってしまい、流れが悪くなるのです。また、アイスクリームやチョコレート、ようかんなど糖分が豊富な菓子類を間食として多量に摂取することも、血の流れを悪くする原因となります。

 

 

 

対策としては、野菜や穀物など、血行改善に効果のある食物を食べること。不要な間食についてはできる限り避けること。これを毎日続けるだけでも、一定の効果が見込めます。

 

 

喫煙

血行にとっての天敵といえる存在、それはタバコです。その理由は、タールやニコチンといった成分。これらには血管を収縮させる効果があるとされており、血の流れを悪くさせてしまうのです。最悪の場合、脳梗塞などの病気の原因にもなり得ます

 

 

 

対策としては、タバコを止めること。禁断症状のため、ひとりで止めることは難しいですが、電子タバコや禁煙外来などの手段も利用して、離れられるようにしましょう。つらいかもしれませんが、健康第一の考えを持ってください。

 

 

血行を良くする運動3選

記事をここまで読んできて、ご自身の血行が心配になられたのではないでしょうか。でも大丈夫! この項目でお伝えする運動法を実践すれば、血行改善に役立ちます。いずれも簡単ですぐ実践できますので、今日から是非やってみましょう。

 

 

ウォーキング

血行改善の基本的な運動といえば、やはりウォーキングでしょう。1日30分程度歩くだけでも、それをしないよりも確実な効果を期待することができます。

 

 

 

実践するにあたっての注意点は、暑さや寒さに注意しておくこと。夏は水などを持ち歩き、冬は寒さ対策のための服装を心がけましょう。

 

 

 

また、飽きることがないよう、毎日コースを変えるなどの工夫もしてみるといいですよ。友だちや夫、奥さんと一緒に実践してみるというのもいいですね。

 

 

スクワット

立った状態から屈伸運動を繰り返すスクワットは、場所を取ることがないのであらゆる場所で実践することができるうえに、足の筋肉をしっかり鍛えることができます。一般的な社会人だけでなく、プロのスポーツ選手なども行っているようです。

 

おすすめは寝る前、10回ほどを3セット行うこと。血行が良くなるうえに、ほどよい疲労が蓄積されるので、眠りの調子もよくなりますのでオススメですよ。

 

 

つま先立ち

両手を広げながら、片足のつま先だけでピンと立つ方法です。血行改善の他に、身体全体のバランスを矯正する効果も期待できるでしょう。最初はうまくバランスが取れずにふらついてしまうかもしれませんが、何度かやっていれば次第に安定するようになります。

 

 

 

やはりこれも寝る前や、お風呂上りに実践すると効果的です。行う際は周囲にぶつかるものがないか、足元には何もないかを確認したうえで行うようにしましょう。

 

 

血行をよくするためには運動の他にサプリも!

滞っている血行を良くするためには運動が最適の方法とされていますが、それと併せてサプリメントを摂取すると、より高い効果が期待できます。

 

 

 

血行改善のためにおすすめのサプリメントは、マカと呼ばれる植物の成分が入ったサプリ。南米由来のこの植物は血行促進に大きな効き目があるとされているので、サプリメントとしてはうってつけです。

 

 

 

幸いにして、サプリはそれほど高価なものではありませんし、コンビニなどでお手軽に購入することができます。水だけで飲むことができるので利用も簡単です。

 

 

 

血行改善のために運動をはじめられる方は、是非サプリメントも併用してください。

 

 

まとめ〜簡単な運動で血行はよくなる〜

以上、血行を良くするための運動法などに関する情報でした。

 

 

 

血行の悪化というのは意外に気づきにくいもの。「もしかして……」と感じたときには、脳梗塞などの発病リスクがかなり高まっている恐れもあります。

 

 

 

そうならないために、ウォーキングやスクワットによるはやめの対策を心がけましょう。体調を崩してしまった後で「あのときこうしていれば……」と悔やんでも遅いのですから。